シックスパッドは中高年におすすめのトレーニング機器?

シックスパッドは中高年におすすめのトレーニング機器?

巷で流行中の筋トレ器具「シックスパッド」。

 

筋肉へ直接、振動を送ってその部位を運動させるという画期的な手法により、筋トレの従来までのイメージを一新させる役割を担うか?という感じを持たせてくれています。

 

では、私を含めた50歳代の中高年層の方たちにとって、シックスパッドは筋トレの必需品となるのでしょうか?はたまたこの2〜3年で消えていく運命なのでしょうか?

 

私の筋トレのイメージと重ね合わせて、このシックスパッドを使った方がいいのか、考えてみます。

 

使用した人にしか分からない効果?

まず、このシックスパッドの最大の魅力といえば、

 

・軽量で薄いので装着が簡単
 
・特に高重量を扱うような危険性はないので安心してトレーニング(?)に励める
 
・何もしなくて大丈夫。23分間装着するだけで希望のボディに変身!

 

と、いったところになるでしょう。最後の効果についてはちょっとCMっぽい表現をしてしまいました。あくまで口コミを調べてみての感想です。勿論、使ってみて効果が出たという人もいれば、全然効果がない、とおっしゃる方もいます。

 

私自身も使った事がないのですから、大きな事は言えません。効く人には効いて、効かない人にはサッパリ…、というのが偽らざる私の思いですね。

 

中高年に向く器具なのか?

シックスパッドは中高年層に向いた器具なのでしょうか?この疑問を考える前にシックスパッドを使って一体、どこの部位をどのように鍛えたいのか、になってくるでしょう。

 

使用した人の例を参考にすると、最も多いのが腹筋。次が二の腕周り、という事になりそうです。つまり脂肪がつきやすい場所ですね。

 

お腹は人間にとってもっとも脂肪が溜まりやすい場所。確かにこの部位を集中してトレーニングしたいのならお勧めの一品になりそうです。

 

二の腕にしても上腕三頭筋の部分は鍛えないと「プニョプニョ」になりやすい部位です。確かにこの部位も使えそうです。商品自体がこれらの部位にジャストフィットする形状になっていますからね。

 

という事でお腹や二の腕周りの脂肪を気にされていて、トレーニングの時間を十分、確保できない、という方たちにとったらシックスパッドの使用はニーズに合った選択かもしれませんね。

 

私自身は使用するかどうか

私の筋トレに対するイメージは「筋肥大」です。例え中高年層になったとしても個の考えは変わりません。筋肉は鍛えないとしぼみます。筋繊維が細くなってしまうのです。

 

だから中高年層になっていくと、身体が痩せていくのです。ダイエットして痩せているのではなく生命力が削がれていっているような痩せ方だと思えるのです。

 

それが嫌なので抗っています。放置すればどんどん衰退していく代謝機能を生き返らせ、減っていく細胞を再生産する。そのために筋肉を増強する。

 

この思いを叶えたいからこの歳になっても重いダンベルを持ち上げているのです。キツイ時もありますがやり終えたあとの充実感は「生きている」という実感を感じさせてくれます。

 

第一、 汗もかかずして希望の肉体を手に入れる、という発想が自分には納得できませんかを得たいのなら、それなりの犠牲を伴わないと得られない、というのが私の信念ですけどね。

 

まとめ〜私にはシックスパッドは不要です

現時点におきまして、私にシックスパッドは不必要でしょう。現在の私の体脂肪率は13%台。13・1%になったり13・5%になったりと変動はしていますがここ1年間は比較的安定しています。

 

恐らくこれには植物性プロテインの摂取も大きく寄与していると思いますよ。実際、そのプロテインの飲み始めてから便通が非常に良くなりました。やはり体内に不要な老廃物がいつまでも留まっていたら、筋トレ以前の問題になってしまいますからね。

 

ただ、最後に言っておきます。決してシックスパッドの事をけなしているのではありませんからね。ただ、私のニーズとは合わないという事を申し伝えておきますね。

 

40代、50代からの筋トレ 〜用意する筋トレ器具について〜

このエントリーをはてなブックマークに追加  

40代、50代の女性の方に評判のソイプロテイン


 
TOP 筋トレ器具 筋トレコラム 大豆プロテイン日記